甲府・焼け跡から夫婦遺体 19歳少年を殺人容疑で再逮捕

甲府・焼け跡から夫婦遺体 19歳少年を殺人容疑で再逮捕

山梨県警本部=甲府市で、井川諒太郎撮影

 甲府市で10月、民家が放火され焼け跡から住人の会社員、井上盛司さん(55)と妻の章恵さん(50)の遺体が見つかった事件で、山梨県警南甲府署捜査本部は22日、夫婦を刃物で刺して殺害したとして、現住建造物等放火などの容疑で逮捕していた同市内の少年(19)を殺人容疑で再逮捕した。捜査本部は、同じ高校に通う夫婦の長女への一方的な好意が受け入れられず、少年が一家の殺害を企てたとみて捜査している。

 少年は「(事件の)発端は長女への好意だった。一家全員を殺害するつもりだった」と容疑を認めている。

 再逮捕容疑は10月12日午前3時半ごろから同3時50分ごろの間、甲府市蓬沢1の井上さん方で、夫婦を刃物で刺すなどし、失血死させたとしている。

 捜査本部によると、少年は1階のガラス窓を割って井上さん方に侵入。就寝中の夫婦に襲いかかり、ホームセンターなど複数の店舗で購入した刃物で刺すなどしたとされる。その後、証拠を隠滅するために民家にライターオイルなどの油をまいて放火したとみられる。夫婦の遺体には複数の刺し傷があり、一部は内臓にまで達していたが、抵抗したような形跡もあったという。焼け跡からは複数の刃物も見つかっており、事件に使われた可能性もあるとみている。

 少年は10月12日午前3時40分ごろ、井上さん方で、夫婦の次女を凶器で殴り軽傷を負わせたとして、13日未明に傷害容疑で逮捕。11月2日には、木造2階建て民家を全焼させたとして、現住建造物等放火の容疑で再逮捕された。【田中綾乃】

関連記事(外部サイト)