78歳男性が刺され死亡 おいが出頭、殺人容疑で逮捕方針 鎌倉

78歳男性が刺され死亡 おいが出頭、殺人容疑で逮捕方針 鎌倉

78歳死亡 出頭の甥を逮捕へ

78歳男性が刺され死亡 おいが出頭、殺人容疑で逮捕方針 鎌倉

神奈川県警=山本明彦撮影

 22日午後7時20分ごろ、神奈川県鎌倉市雪ノ下3、無職、奥村直司さん(78)方で、血を流して倒れている奥村さんを同居の妹(74)が発見し、119番通報した。県警鎌倉署員が現場に駆けつけると、奥村さんは刃物のようなもので腹部など数カ所を刺されており、搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。捜査関係者によると、事件後に行方が分からなくなっていた妹の長男(46)が23日午後に出頭。県警が事情を聴いており、容疑が固まり次第、殺人の疑いで逮捕する方針。

 県警によると、奥村さんは妹と奥村さんの長男(40)、妹の長男との4人暮らしで、事件後に妹の長男と連絡が取れなくなっていた。4人は互いに干渉せず、普段から別々に行動することが多い間柄だったという。

 奥村さんは2階の居室であおむけに倒れており、搬送時に心肺停止の状態だった。凶器は見つかっておらず、外部から誰かが侵入した形跡はなかったという。

 現場はJR鎌倉駅から北東約1キロの住宅街で、鶴岡八幡宮の近く。【洪?香】

関連記事(外部サイト)