冬の枝に咲いた「花ぼうろ」 長崎・雲仙で今季初の霧氷

冬の枝に咲いた「花ぼうろ」 長崎・雲仙で今季初の霧氷

霧氷をつけた妙見岳の登山道の木々=長崎県雲仙市で2021年11月23日午後2時24分、近藤聡司撮影

 長崎県雲仙市小浜町の雲仙・妙見岳(標高1333メートル)で23日、今季初めて冬の風物詩「霧氷」が見られた。雲仙ロープウェイによると、同日午後1時の段階で確認できたという。

 霧氷は地元で「花ぼうろ」と呼ばれ、寒い日に霧や雲が木の枝に吹き付けられてできる。この日は上空への寒気の流れ込みで日中も気温が上がらず、雲仙岳一帯の山頂付近に霧が発生してできたとみられる。

 雲仙岳の霧氷シーズンは例年2月下旬から3月上旬まで。霧氷の有無の問い合わせは午前8時半以降、雲仙ロープウェイ(0957・73・3572)。【近藤聡司】

関連記事(外部サイト)