鎌倉の男性刺殺、出頭した同居のおいを殺人容疑で逮捕

鎌倉の男性刺殺、出頭した同居のおいを殺人容疑で逮捕

神奈川県警=山本明彦撮影

 神奈川県鎌倉市の民家で22日、無職の奥村直司さん(78)が刃物のようなもので刺されて死亡した事件で、県警は23日、奥村さんのおいで同居していた奥井剛容疑者(46)を殺人の疑いで逮捕した。奥井容疑者は事件後に行方不明となり、同日午後5時ごろ、県警鎌倉署に出頭していた。県警は動機などを追及している。

 逮捕容疑は22日、自宅で奥村さんの腹部などを刃物のようなもので複数回刺し、殺害したとしている。「間違いありません」と容疑を大筋で認めているという。

 県警によると、奥村さんは妹(74)と奥村さんの長男(40)、妹の長男である奥井容疑者との4人暮らし。妹が22日午後7時20分ごろ、2階居室で血を流して倒れている奥村さんを見つけ119番通報したが、同8時45分ごろに搬送先の病院で死亡が確認された。【池田直】

関連記事(外部サイト)