ビーチで転落の男性を救助 夫婦2組に感謝状 北海道・函館

ビーチで転落の男性を救助 夫婦2組に感謝状 北海道・函館

海難救助で表彰を受けた市民ら。前列右から高野綾子さん、祐輔さん、松倉理加さん、円さん=北海道函館市海岸町で2021年11月18日、真貝恒平撮影

 北海道函館市銚子町の椴法華(とどほっけ)サーフビーチで8月、海に転落して溺れた男性を救助した同市内の夫婦2組・計4人に対し、函館海上保安部の池上克浩部長は18日、感謝状を贈呈した。

 4人は、松倉円さん(40)と妻の理加さん(38)、高野祐輔さん(40)と妻の綾子さん(39)。

 8月19日午後1時45分ごろ、サーファーの50代男性が波にのまれて海に転落し、溺れているのに気付き救助した。祐輔さんが人工呼吸を行うなどして男性は意識不明のまま市内の病院に搬送され、一命を取り留めた。

 祐輔さんは「有事の時に何ができるかという意識を常に持っていよう、と感じた。命が助かり本当に良かった」と語った。【真貝恒平】

関連記事(外部サイト)