殺人と放火容疑で50代の伯父逮捕 小学生兄弟死亡火災 兵庫県警

殺人と放火容疑で50代の伯父逮捕 小学生兄弟死亡火災 兵庫県警

火災のあった住宅を現場検証する捜査員ら=兵庫県稲美町で2021年11月22日午前10時16分、望月亮一撮影

 兵庫県稲美町で住宅が全焼し、小学生の兄弟とみられる2人の遺体が見つかった放火事件で、県警は24日、同居していた伯父で無職の松尾留与(とめよ)容疑者(51)を殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。出火後に行方が分からなくなっていたが、同日、大阪市北区の扇町公園で発見された。

 また、県警は2人の身元を小学6年の松尾侑城(ゆうき)さん(12)と、弟で小学1年の眞輝(まさき)さん(7)と発表した。近くの住民によると、兄弟は仲が良く、キャッチボールをしている姿がたびたび目撃されていた。

 逮捕容疑は19日午後11時36〜42分ごろ、自宅に何らかの方法で放火。木造2階建て住宅をほぼ全焼させ、就寝中だった兄弟を殺害したとしている。

 県警によると、松尾容疑者の所在が分かったのは24日午後1時ごろ。扇町公園のベンチに座っているところを警察官が職務質問して判明した。所持金は数千円だった。やけどの痕はなく、出火直後に現場から立ち去ったとみられる。

 この住宅には兄弟と両親、母の兄にあたる松尾容疑者が5人で暮らしていた。午後11時半ごろ、父は母を勤務先へ迎えに行くために外出。この約20分後、炎が上がっているのを見た近所の住民が119番した。現場からは可燃性の液体が検出された。

 出火直後、松尾容疑者とみられる男性が徒歩で現場を離れる姿が周辺の防犯カメラに映っており、県警が行方を捜していた。【村田愛、巽賢司】

関連記事(外部サイト)