廊下呼び出し直後に襲ったか 包丁「ネットで購入」 愛知の中3刺殺

廊下呼び出し直後に襲ったか 包丁「ネットで購入」 愛知の中3刺殺

中3刺殺 強い殺意持ち計画か

廊下呼び出し直後に襲ったか 包丁「ネットで購入」 愛知の中3刺殺

愛知県警本部

 愛知県弥富市の市立中学校で中学3年の男子生徒(14)が刺殺された事件で、同級生の少年(14)が事件直前に男子生徒を教室の外の廊下に呼び出していたことが25日、捜査関係者への取材で判明した。少年は事前に用意した包丁で男子生徒の腹部を刺し、肝臓を貫通していたという。県警は少年が強い殺意を持ち、計画的に事件に及んだとみて詳しい経緯を調べている。

 捜査関係者によると、少年は24日の事件当日、包丁(刃渡り約20センチ)をかばんに隠し持って登校。校舎2階の中3クラスの教室外の廊下に男子生徒を呼び出し、包丁で腹部を刺した。刺し傷は男子生徒腹部の大動脈や内臓まで達し、肝臓を貫通していたという。男子生徒は出血性ショックで死亡した。少年は「包丁はネットで購入した」と供述しているという。

 捜査関係者などによると、少年と男子生徒はクラスが異なり、同校には自分のクラス以外の教室に入ってはいけないルールがあったという。同校では午前8時10分から各クラスで読書タイムに入るため、少年はその前に男子生徒を呼び出し、直後に襲ったとみられている。

 一方、県警は25日朝、少年を殺人容疑で名古屋地検に送検した。【森田采花】

関連記事(外部サイト)