自宅に放火し妻を殺害の疑い 90歳の夫を逮捕 大阪府警

自宅に放火し妻を殺害の疑い 90歳の夫を逮捕 大阪府警

大阪府警本部=藤田剛撮影

 堺市北区の集合住宅の一室で23日夜、住人の女性(85)が遺体で見つかる火災があり、大阪府警は24日、女性を殺害した疑いが強まったとして、夫で無職の岡本達男容疑者(90)を殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕した。「ライターで部屋に火をつけたが、殺すつもりはなかった」と殺意を否認しており、府警は詳しい動機を調べる。

 逮捕容疑は23日午後9時ごろ、堺市北区新金岡町3丁の集合住宅4階の自室に火をつけて約25平方メートルを焼損させたうえ、妻の玲子さんを焼死させたとされる。岡本容疑者は喫煙者で、室内からは複数のライターが見つかった。

 府警北堺署によると、岡本容疑者は玲子さんと2人暮らし。自身も煙を吸って24日夕まで入院していたが、当初から放火への関与をほのめかしていたという。自宅は3部屋あり、玲子さんは4畳半の部屋でうつぶせに倒れて死亡していた。【山本康介】

関連記事(外部サイト)