東京都、医療体制のコロナ警戒レベルを最低に引き下げ

東京都、医療体制のコロナ警戒レベルを最低に引き下げ

都の医療警戒レベル最低に

東京都、医療体制のコロナ警戒レベルを最低に引き下げ

東京都庁=小川信撮影

 東京都は25日、新型コロナウイルスの感染状況と医療体制を専門家が分析するモニタリング会議を開き、医療体制の警戒レベルを4段階で最も低い「通常の医療との両立が安定的に可能」とするレベルに引き下げた。感染状況についても4段階で最も低い「感染者数が一定程度に収まっている」を維持した。2020年7月にこの会議が始まって以降、感染状況と医療体制がともに最低レベルとなるのは初めて。

 都内の新規感染者数は11月中旬以降、30人未満が続いており、24日は今年最少の5人となっていた。【竹内麻子】

関連記事(外部サイト)