逮捕の同級生「嫌がらせを受けた」と供述 愛知の中3刺殺

逮捕の同級生「嫌がらせを受けた」と供述 愛知の中3刺殺

愛知県警本部

 愛知県弥富市の市立中学校で中学3年生の男子生徒(14)が刺殺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された同学年の少年(14)が「(男子生徒から)嫌がらせを受けた」などと供述していることが25日、捜査関係者への取材で判明した。一方、同市教育委員会は少年と男子生徒との間のトラブルを把握しておらず、県警は慎重に調べを進めている。県警は同日、容疑を殺人に切り替え、少年を名古屋地検に送検した。

 捜査関係者によると、少年は、24日朝に男子生徒を包丁で刺したとして殺人未遂容疑で現行犯逮捕され、「私がやったことに間違いない」と供述。その上で「嫌なことをされた」と説明したという。嫌がらせの具体的な行為については分かっていない。県警は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて動機面を慎重に調べている。

 同市教育委員会は10月、市内の中学校を対象にいじめの有無を問うアンケートを実施し、11月上旬に回収。同校の回答には2人のトラブルに関する記載はなく、校長は24日の記者会見で「思い当たるところがない」と話した。

 また、少年が事件で使ったのは鋭利な柳刃包丁(刃渡り約20センチ)だったことが捜査関係者への取材で明らかになった。「ネットで数日前に買った」と話しており、裏付けを進めている。刺し傷は男子生徒の腹部の深いところまで達していたという。県警は25日、男子生徒の死因を腹部の刺し傷による出血性ショックだったと発表した。同日までに少年の自宅を家宅捜索し、スマートフォンなどを押収した。

 少年が事件直前に男子生徒を廊下に呼び出していたことも判明。少年と男子生徒はクラスが異なり、同校には自分のクラス以外の教室に入ってはいけないルールがあったという。【森田采花】

関連記事(外部サイト)