東京・文京の新聞販売店組合 高齢者見守り活動に「地域貢献賞」

東京・文京の新聞販売店組合 高齢者見守り活動に「地域貢献賞」

日本新聞協会の丸山昌宏会長(左)から記念盾を受け取る文京区新聞販売同業組合の鈴木崇組合長=東京都千代田区のプレスセンターホールで2021年11月25日午後4時27分、加藤昌平撮影

 日本新聞協会が新聞販売店の優れた取り組みに贈る「地域貢献大賞」の表彰式が25日、東京都内であった。「大賞」1件のほか、東京都の文京区新聞販売同業組合の高齢者見守り活動など「地域貢献賞」7件が表彰された。

 毎日新聞販売店も加盟する同組合は、2005年から高齢者を支える文京区ハートフルネットワーク事業に参加。配達や集金の際、高齢者の安否や健康状態を見守り続けている。表彰後、組合長の鈴木崇さん(49)は「新聞販売以外でも貢献しようという活動が認められ、うれしい。今後も、地域に密着した新聞販売ができれば」と話した。

 大賞は小林新聞舗(ASA平野・大阪市平野区)の「ミニコミ紙『だんじり新聞』発行 平野町ぐるみ博物館(新聞屋さん博物館)運動」だった。【加藤昌平】

関連記事(外部サイト)