夢はNFLのチア 和歌山の高3、米アメフト大会に日本人で唯一選抜

夢はNFLのチア 和歌山の高3、米アメフト大会に日本人で唯一選抜

米アメフト大会での演技を前に意気込む小伝良彩花さん=和歌山県田辺市で、竹内之浩撮影

 和歌山県内唯一の競技チアリーディングチーム「南紀チアーエンジェルス」のキャプテン、小伝良(こでら)彩花さん(18)=県立南部高3年、白浜町=が、米ハワイ州で22日に開かれるアメリカンフットボール大会を応援するチアリーダーに選ばれた。「まさか選ばれるとは。めちゃうれしい。持てる力を最大限発揮したい」と話し、チアリーディングの本場での晴れ舞台へ意気込んでいる。

 チームは2011年に発足し、現在は紀南の幼児から高校生まで43人が田辺市を拠点に地域のイベントなどで活動。発足年に加入した小伝良さんは、5年前からキャプテンを務める。167センチの長身を生かしたダイナミックな演技が持ち味だ。18〜20年、現地やオンラインで開かれたチアリーディングのハワイ大会に参加し、最優秀賞などを受賞したチームを引っ張った。

 今回、ホノルル市で開かれる全米高校生オールスター戦「ポリネシアンボウル」のチアリーダー募集に応じた。「夢はNFL(米プロフットボールリーグ)のチアリーダー。本場の舞台を経験して夢の実現につなげたい」と挑戦の動機を語る。動画選考の結果、21年12月に日本人で唯一、チアリーダー14人の一人に選ばれた。現在、米国から送られてきた動画を参考に練習に励んでいる。16日に渡米し、現地での合同練習を経て本番に臨む。

 渡航費や滞在費などは自己負担で、クラウドファンディングによって57万円の寄付が集まった。「皆さんの支援に応えるよう頑張る。常に笑顔を忘れず、選手に勇気を与えられる応援がしたい」と話す。チーム代表の昇亜希子さん(44)は「本場のスタジアムの熱気を肌で感じ、後輩に伝えてほしい」と期待している。【竹内之浩】

関連記事(外部サイト)