大村知事「民主主義の中で最も悪質」 リコール不正の有罪判決受け

大村知事「民主主義の中で最も悪質」 リコール不正の有罪判決受け

大村秀章・愛知県知事

 愛知県の大村秀章知事は12日、自身に対するリコール(解職請求)を巡る署名偽造事件で広告関連会社の前社長に下された有罪判決を受け、記者会見で「戦後の民主主義の中で最も悪質と言っても過言ではない」と指摘。「事件の実態解明は、まだ緒に就いたばかりだ」と述べ、署名活動団体会長の高須克弥氏と、支援した河村たかし名古屋市長に対し「事実関係を明らかにしていく責務がある」と求めた。【酒井志帆】

関連記事(外部サイト)