ブルーインパルス、長崎でリハーサル飛行 23日に西九州新幹線開業

ブルーインパルス、長崎でリハーサル飛行 23日に西九州新幹線開業

西九州新幹線の開業を前に、JR長崎駅の上空で展示飛行のリハーサルを行う航空自衛隊のブルーインパルス=長崎市で2022年9月22日午後1時47分、本社ヘリから平川義之撮影

 九州新幹線長崎ルート(西九州新幹線)の開業準備が進む長崎市で22日、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が展示飛行のリハーサルをした。23日の開業日に、記念イベントの一環で長崎の空を飛ぶ。

 23日は6機の飛行チームが福岡県の空自築城基地から武雄温泉(佐賀県武雄市)−長崎(長崎市)の西九州新幹線に沿って長崎市上空に飛来。長崎駅や稲佐山周辺などで午後1時半から約20分、展示飛行をする計画。気象条件などで予定が変わる可能性もある。

 22日も同じ時刻に予行を実施し、6機がエンジン音をとどろかせて現れると、大勢の市民が空を見上げていた。ブルーインパルスは宮城県の松島基地が拠点。2021年の東京オリンピック・パラリンピックなど多くのイベントを盛り上げてきた。【久野洋】

関連記事(外部サイト)