偽の診断書で給与270万円をだまし取った疑い 大阪府元職員を逮捕

偽の診断書で給与270万円をだまし取った疑い 大阪府元職員を逮捕

パトカーの赤色灯=曽根田和久撮影

 診断書を偽造して給与をだまし取ったとして、大阪府警泉大津署は21日、元府職員の角谷匡隆容疑者(50)=泉佐野市市場西1=を詐欺と有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は大阪港湾局の副主査だった2020年3〜11月、偽の診断書を計6回提出。病気休暇などを取得して1年間の給与など計約270万円を詐取したとされる。容疑を認めているという。

 府は21年5月、角谷容疑者を懲戒免職処分にした。返還せず連絡が途絶えたため、22年3月に告訴していた。【榊原愛実】

関連記事(外部サイト)