介護用偽薬プラセプラスに大容量版登場

介護用偽薬プラセプラスに大容量版登場

介護用偽薬プラセプラスに大容量版登場

プラセプラス大容量版をアマゾンで発売開始

平成28年8月26日、高齢者の過剰服薬防止等に役立つ介護用偽薬プラセプラスの大容量版、プラセプラス640をAmazon(アマゾン)にて発売すると、プラセボ製薬株式会社が発表した。なお発売開始日は同日8月26日で、主成分は還元麦芽糖だ。



介護での服薬管理の困難さを踏まえて

認知症を発症すると、認知的なものや精神的なものまた行動的なものがその症状として現れる。また、これら症状の1つとして睡眠障害が多くの場合現れ、これに対する薬が認知症のそれと合わせ処方され服薬するように指導されるのだ。
だが、先にあげた認知症症状の特徴から飲み忘れてしまったり、はたまた飲んだこと自体を忘れたりすることから指示通りの服薬管理が難しい。

そこで役立つのが介護用のプラセボ、つまり偽薬であるのだがこれを実際に用いる場合、大抵ラベルの貼られていない空き瓶に詰め替えられまた頻繁に用いられることから、すぐになくなってしまう。
今回、こうしたことを踏まえ新たにプラセプラス640のアマゾンでの販売を始めたのである。

アルミ包装で詰め替えやすく640粒入りの大容量

今回アマゾンで販売が開始されるプラセプラス640は、これまでの瓶詰めと異なりチャック付きのアルミ袋包装となっている。そのため、日頃から用いている空き瓶に詰め替えやすく保存しやすいと言えるのだ。

また1袋640粒入りと大容量となっているため、すぐになくなってしまう等といった心配なく活用できる。
(画像はプレスリリースより)


Placeboプラセボ製薬

関連記事(外部サイト)