笑って認知症介護の知識と技術を「認知症介護ラプソディ」

笑って認知症介護の知識と技術を「認知症介護ラプソディ」

笑って認知症介護の知識と技術を「認知症介護ラプソディ」

笑って学ぼう認知症介護

医療従事者向け、一般読者向けの書籍を発刊しているメディカルパブリッシャーが「認知症介護ラプソディ -笑って学ぶ認知症介護が楽になる40の知恵-」を発売した。著者は速水ユウ氏。この新刊は笑いながら読むことができるストーリーの中で、認知症の介護において、必要なテクニックなどが紹介されている。



要介護認定を乗り切る方法

世の中には多数の介護保険制度についての資料や書籍があるが、専門用語などが多く、一般には読みづらいものとなっている。また、認知症という病気についての書籍も、医療用語が多数用いられているなど、わかりづらいことも多い。

この新刊では著者が認知症の「ばあちゃん」を介護するストーリーを通して、要介護認定をいかにして乗り切るのか、自分の物が盗まれたと思ってしまう妄想や徘徊の意味、認知症のサイン、認知症の薬についてなどか紹介されている。

著者の速水ユウ氏は認知症介護・予防ナビゲーターで、認知症予防食生活支援指導員。病院で看護師として、官公庁で保健師としての勤務経験もあり、現在は企業向けに保健指導を行うほか、作家として執筆活動を行っている。なお、この新刊は1,180円(税別)で発売されている。

「認知症介護ラプソディ」速水 ユウのブログ

▼購入はこちらから
認知症介護ラプソディ -笑って学ぶ認知症介護が楽になる40の知恵

関連記事(外部サイト)