脳インプラントの世界市場予測

脳インプラントの世界市場予測

脳インプラントの世界市場予測

2027年まで年間複合成長率9.1%で成長する見込み

米REPORTOCEAN社(イリノイ州シカゴ)が発行したレポートによると、世界の脳インプラント市場は、2020〜2027年の間に9.1%を超える成長率となることが見込まれます。

脳インプラントは、電子デバイスを利用して脳の皮質とリンクした一連の神経ネットワークインプラントであり、主に患者の身体の五感を反射、記録、カバー、促進するために使用されるものです。

動物の脳活動をインプラント技術で解析する臨床試験が現在も数多く行われており、人間の場合はコンピュータチップに取り付けて脳波などの脳解析を行うこともあります。うつ病やパーキンソン病などの臨床試験では、脳の働きを促し、患者の心をリラックスさせることで大きな成果を上げており、世界的な脳インプラントの普及に大きく貢献しています。

高齢化社会の進展に伴う、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経疾患の有病率の上昇や、MRI安全装置付き脳インプラントなどの高度な技術の出現も、予測期間中の市場成長の高い要因となっています。

アルツハイマー協会によると、2019年には、すべての年齢層の580万人のアメリカ人がアルツハイマー型認知症を患っており、2050年までに約1400万人に増加することが予測されています。このことは、脳インプラントの需要を強化し、世界的な市場成長に貢献すると考えられます。

詳しくは下記外部リンクをご覧下さい。

(画像はイメージです)

脳インプラントの世界市場は2027年まで年間複合成長率9.1%で成長する見込み

関連記事(外部サイト)