NTTドコモ、位置情報とセンサー連携による屋内外測位の実証実験

NTTドコモ、位置情報とセンサー連携による屋内外測位の実証実験

NTTドコモ、位置情報とセンサー連携による屋内外測位の実証実験

「かんたん位置情報サービス」をセンサーと連携

株式会社NTTドコモ(東京都千代田区)は、LTEに対応した法人向けクラウド型位置情報プラットフォームサービス「かんたん位置情報サービス」において、センサーと連携させる屋内外測位の実証実験を東日本旅客鉄道株式会社水戸支社、株式会社シーイーシーと開始しました。

「かんたん位置情報サービス」は、サーバーや専用端末、地図データ、ユーザーインターフェースなどをパッケージにしたクラウド型プラットフォームサービスで、位置検索、タイマー通知、エリア通知など位置情報サービスを展開する上で必要な機能が利用できます。

また、WebAPI連携機能を活用し、顧客保有のシステムとの連携や用途に合わせたカスタマイズも可能です。認知症患者の徘徊対策、ドライバー不足による車両動態管理の効率化など、社会的課題解決のためのソリューションとして利用されています。

このたび、GPSを用いた本サービスに、近距離無線技術BLE(Bluetooth Low Energy)搭載のGPS端末(BLEゲートウェイ)と電波を発信するタグやセンサー(BLEタグ・センサー)を連携させることで、屋内位置情報、温度・湿度・二酸化炭素濃度などの環境データやバイタルサインなどを遠隔で確認、可視化できる機能を開発しました。

これにより、従来の屋外位置情報に加え、屋内でもBLEタグ・センサーを使用しシームレスに位置を測位することが可能となり、かつ付加価値のある情報を併せて利用することで、さまざまな業種でのサービス展開が可能となります。連携できるセンサーの種類も豊富で、API接続による顧客保有のシステムとの連携により、本サービスの仕様にとらわれない柔軟なユーザーインターフェースを作ることもできます。

(画像はイメージです)

NTTドコモ、位置情報とセンサー連携による屋内外測位の実証実験

関連記事(外部サイト)