NHKドラマ10『ツバキ文具店』第6話は認知症の母への手紙

NHKドラマ10『ツバキ文具店』第6話は認知症の母への手紙

NHKドラマ10『ツバキ文具店』第6話は認知症の母への手紙

認知症の母が待つ、亡き父からの手紙

2017年5月19日(金)夜10時、NHKのテレビドラマ『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』の第6話「愛するチーちゃんへ」が放送されます。この回は認知症に関連する美しい物語となっています。

認知症の母を抱え、介護で悩んでいる白川(高橋克典)がついに施設に預けることに決意します。しかし、母は亡き父からの手紙が来るから家に戻ると言い張ります。困り果てた白川は、鎌倉にある代書屋「ツバキ文具店」を訪れます。

「つばき文具店」は神奈川県鎌倉市にある代書屋を舞台にしたNHKのテレビドラマ。2017年4月14日(金)にスタートし、毎週金曜日10時〜放送されています。原作は小川糸『ツバキ文具店』、主人公の雨宮鳩子は多部未華子が演じ、高橋克典、上地雄輔、奥田瑛二、倍賞美津子など豪華なキャストが登場します。

(画像は番組HPより)

5/19よる10時〜NHKドラマ10「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語」〜第6話「愛するチーちゃんへ」

関連記事(外部サイト)