業界を越えた6社が連携、ガンマ波サウンドを活用した認知症予防

業界を越えた6社が連携、ガンマ波サウンドを活用した認知症予防

業界を越えた6社が連携、ガンマ波サウンドを活用した認知症予防

認知症予防に「音」で挑む

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(東京都千代田区)と塩野義製薬株式会社(大阪市)は、日常生活の中で認知症の予防、認知機能の改善が可能な社会の実現を目指す「ガンマ波サウンドを活用した生活に溶け込む認知機能ケア」に関するパートナー各社との連携を発表しました。

「ガンマ波サウンド」は、テレビやラジオなどの音をリアルタイムに40Hz周期の音に変調することができる特殊な技術(ガンマ波変調技術)を用いた、生活をしながら認知機能をケアできる可能性がある音のことです。

この度の連携を通じ、ガンマ波変調技術の研究・技術開発を進めているピクシーダストテクノロジーズ社と塩野義製薬の2社が中心となり、パートナー企業として参加する株式会社NTTドコモ、株式会社学研ココファン、SOMPOひまわり生命保険株式会社、三井不動産株式会社の4社とともに、各社の事業領域の中で「ガンマ波サウンド」による認知症予防、認知機能改善の取り組みを進めていきます。

詳しくは下記外部リンクよりご覧ください。

(画像はプレスリリースより)

ピクシーダストテクノロジーズと塩野義製薬、認知症予防・認知機能改善を目指したパートナー各社との連携を発表

関連記事(外部サイト)