新刊『60歳の現在地 20年後の認知症はもう始まっている』

新刊『60歳の現在地 20年後の認知症はもう始まっている』

新刊『60歳の現在地 20年後の認知症はもう始まっている』

認知症は発症の20年前に始まる

株式会社イマジカインフォス(東京都千代田区)から、書籍『60歳の現在地 20年後の認知症はもう始まっている』が発売されました。一生ボケずに過ごすために「20年前」から始めるべき認知症ケアのノウハウが掲載されています。四六判・160頁で価格は税込1450円。

著者の渡辺正樹医師は「日本一自律神経を検査している」と称される神経内科医で、認知症をはじめとする自律神経に関わる幅広い疾患および臨床を担当し、数多くの患者を回復に導いてきました。

本書では、年代に合わせたチェックシートで60歳以降の「自分の現在地」を正しく把握でき、60代・70代・80代の年代別の認知症ケアを、マンガやイラストをふんだんに用いることでわかりやすく解説しています。

目次

数字で見る認知症の未来と現在
自分の現在地を知るための生活習慣チェック
第1章 「20年前」に、何が起きているのか?
第2章 中年期は、歩くか食べないか選ぶ!
第3章 老年期は、生活のリズムを整える!
第4章 老後期は、好きなものを好きなだけ!
第5章 発症後は、知能より意欲!
第6章 語呂で覚えるボケない食事
第7章 今日から始めるボケない運動

著者プロフィール

渡辺正樹(わたなべ・まさき)
愛知県名古屋市・渡辺クリニック院長。神経内科認定医、医学博士。名古屋大学医学部卒業後、名古屋第一赤十字病院の副部長等を経て、エスエル医療グループに参加し、認知症・動脈硬化・自律神経失調症・脳卒中などの神経に関する疾病を専門とする現在のクリニックを開業した。医療機器メーカーの担当者が「日本一自律神経を検査している医師」と語るほど自律神経に関わる多くの疾患および臨床を担当し、患者を回復に導いている。

(画像はプレスリリースより)

新刊『60歳の現在地 20年後の認知症はもう始まっている』

関連記事(外部サイト)