映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる

映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる

映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる

7月15日(土)より、全国順次公開

もたいまさこさんが認知症患者を演じる映画『ハローグッバイ』が、7月15日(土)より、東京渋谷のユーロスペース他、全国順次公開されます。認知症女性と二人の女子高生との不思議な関係を描く、ヒューマンドラマです。

ストーリーは、公式HPから。

『ある日の学校帰り、葵は一人の認知症のおばあさんとぶつかってしまう。そこを偶然通りがかったはづき。二人は道に迷ったおばあさんを家に一緒に送り届けることに。やがて、世代を越えた不思議な「友達」関係が始まる。
懐かしそうに、あるメロディーを口ずさむおばあさんが、想いを伝えられなかった初恋の人へしたためたラブレターを大切に持っていることをはづきと葵は知る。二人はそのラブレターを渡すため、おばあさんの初恋の人を一緒に探そうと決心する…。』


監督は菊地健雄、認知症を患う老女はもたいまさこ、二人の女子高生は萩原みのりと久保田紗友。渡辺真起子、木野花などベテランが脇を固めます。公開スケジュールなど詳しい情報は下記外部リンクより公式HPをご覧ください。

(画像は公式HPより)

映画「ハローグッバイ」公式HP

関連記事(外部サイト)