簡単・楽しい! IoT自立支援サービス「モフトレ」の販売を開始

簡単・楽しい! IoT自立支援サービス「モフトレ」の販売を開始

簡単・楽しい! IoT自立支援サービス「モフトレ」の販売を開始

三次元計測を利用した、実感できる介護予防プログラム

株式会社Moff(東京都千代田区)と株式会社三菱総合研究所および株式会社早稲田エルダリーヘルス事業団は、Moff(モフ)のウェアラブルデバイス「Moffバンド」を使い、IoTを活用した高齢者の自立支援サービス「モフトレ」の提供を2017年8月4日から開始しました。

「モフトレ」は、アプリとモーションバンド(Moffバンド)を利用し自立支援を目指す、新しい介護予防プログラムです。三次元の動きを計測することができる腕時計型のモーションバンド「Moffバンド」とタブレット端末を利用し、体の動きを可視化・分析し、体力維持・トレーニングに役立てます。介護予防プログラムで豊富な実績のある早稲田エルダリーヘルス事業団が加わることにより、効果的な介護予防プログラムに仕上がっています。

介護職員の負担軽減も

「日常生活動作トレーニング:トイレの立ち上がりなど、日常生活に必要な動きの練習」、「ロコモ予防トレーニング:筋力をつけ、転びにくい体づくりを目指した手足の曲げ伸ばし運動」、「みんなでモフトレ(レクリエーション):ゲーミフィケーション要素を取り入れた楽しい集団運動」という3つのトレーニングがあり、さらにこれらに対応した約20種類のプログラムがあります。

介護事業所等の職員の方の業務負担(トレーニングやレクリエーション等のプランニング、各種記録業務等)を軽減し、効果的なサービスを提供します。トレーニングの結果は、利用者ごとのマイページに自動で記録され、過去の時系列的な履歴が確認できます。

(画像はプレスリリースより)

ウェアラブルIoTによる高齢者の自立支援サービス「モフトレ」の販売を開始

関連記事(外部サイト)