太陽生命、「ユニバーサルマナーアワード2017」で審査員賞を受賞

シニアサービスの充実、評価される

太陽生命保険は、一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会主催の「ユニバーサルマナーアワード 2017」において、「ユニバーサルマナーアワード」(イノベーション部門)および「審査員賞」を受賞しました。

「ユニバーサルマナーアワード」は、高齢者や障がい者など多様な人々に心地よい取組みを推進している企業・団体を表彰するものであり、一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会が本年より実施しています。

太陽生命は2014年度より「シニアのお客様に最もやさしい生命保険会社になる」ことを目指して「ベストシニアサービス(BSS)」をスタートしました。
今回の受賞は、『ひまわり認知症治療保険』の販売、スマートフォンアプリ「認知症予防アプリ」の提供、専門知識を有する職員が直接訪問して支払い手続きを手伝う『かけつけ隊サービス』、生命保険業界初となる『ユニバーサルマナー検定』の全社的な導入、『認知症サポーター』の全事業所への配置などが評価されたものです。

(画像は公式HPより)

太陽生命、「ユニバーサルマナーアワード2017」で審査員賞を受賞!

関連記事(外部サイト)