エス・エム・エス社の認知症・MCI早期発見テスト、利用者が増加

エス・エム・エス社の認知症・MCI早期発見テスト、利用者が増加

エス・エム・エス社の認知症・MCI早期発見テスト、利用者が増加

受検者数累計16万人を突破

本サイトを運営する株式会社エス・エム・エス(東京都港区)が提供する認知症・MCI(軽度認知障害)早期発見のための自己診断テスト「認知機能チェック」の受検者数が累計16万人を突破しました。特に直近1年の受検者数は対前年比約105%となっており、認知機能の低下に対する危機感や、認知症予防への意識の高まりがみられました。また、受験者のテスト結果から、認知機能は50歳頃より徐々に低下、55歳頃から明らかな低下傾向にあることがわかりました。

2016年11月にスタートした「認知機能チェック」は、認知症の前段階といわれるMCI(軽度認知障害)で起こるとされる認知機能の低下を、本サイト上から5分程度でセルフチェックできる診断テストです。下記外部リンクよりみることができます。

認知症は、早期発見・予防によって回復が可能

ひろかわクリニック院長広川慶裕医師の監修のもと開発され、認知機能を「記憶力」「計算力」「言語能力」「遂行能力」「判断力」の5つに分類し、それぞれの機能に対応した簡単な問題を解くことで、認知機能の状態を可視化することができます。また、無料会員登録を行うことで、結果の保存が可能となり、定期的な受検と結果の推移確認を通して、認知症の予防に役立てることができます。

内閣府「平成29年版高齢者社会白書」によれば、65歳以上高齢者の認知症患者数は、2025年には約700万人に上り、高齢者の5人に1人が罹患すると推計されています。認知症による脳の認知機能が低下はトレーニングにより鍛えることができ、早期発見・予防によって回復が見込めるといわれています。

(画像は公式HPより)

認知機能チェック:認知症・MCI早期発見のための自己診断テスト

関連記事(外部サイト)