ユーキャン、『パズルで脳トレーニング』

ユーキャン、『パズルで脳トレーニング』

ユーキャン、『パズルで脳トレーニング』

10種類の立体パズルが、脳を活性化

株式会社ユーキャン(東京都新宿区)の『パズルで脳トレーニング』は、誰でも手軽に楽しみながら脳を刺激できる画期的なセットです。見た目も解き方も多彩な木製パズルが全10種。時間を忘れて楽しむうちに、脳の活性化が期待できます。1月21日からテレビCMや新聞広告による全国キャンペーンが始まっていますので、すでにご覧になった方もいるのではないでしょうか。

『パズルで脳トレーニング』は頭を使い、手を動かして楽しめる立体パズル。「空間認識力」を使うパズル、「短期記憶力」を駆使するパズル、「情報処理力」が試されるパズルなど、さまざまな特長をもつ10種類の立体パズルが、脳を活性化してくれます。監修は、株式会社Re学代表で、理学療法士の川畑智先生。熊本県の「認知症予防モデル事業」の開発を担い、「川畑式パズル」を考案するなど、認知症予防や認知症ケアにいち早くパズルを取り入れてきました。

10種類のパズルは、すべて本企画のためにパズル作家が新たに製作したオリジナル作品です。一つ一つ趣向が凝らされた特製パズルは多様な組み合わせを持ち、脳と好奇心を絶えず刺激してくれます。木製のため見た目も手触りも上品。大人が楽しむにふさわしい上質なセットです。

付属の特製冊子には、漢字ドリルやクロスワードパズルなどの「テキスト系問題」、計算や数字を使った「ナンバー系問題」、間違いさがしや絵さがしなどの「イラスト系問題」など、バラエティに富んだ問題で脳のトレーニングが収録されています。入門編から上級編へのステップアップ式になっているので、日々、自分の変化を実感することができます。

価格は一括払い29,800円、月々1,980円の16回払い(支払総額31,680円)も用意されています。詳しくは下記外部リンクよりご覧下さい。

(画像は公式HPより)

時間を忘れるほど面白い立体パズルで、楽しみながら脳を活性化。『パズルで脳トレーニング』

関連記事(外部サイト)