遺伝子分析サービス「IDENSIL」、ライフ薬品と提携

遺伝子分析サービス「IDENSIL」、ライフ薬品と提携

遺伝子分析サービス「IDENSIL」、ライフ薬品と提携

食事、運動指導に「IDENSIL」を活用

遺伝子分析サービス「IDENSIL」(イデンシル)を提供する株式会社グリスタ(東京都中央区)は、生活習慣病及び認知症リスクの軽減を目的にライフ薬品株式会社(千葉県八千代市)との提携を発表しました。

「IDENSIL」は、スポーツやダイエット、健康など様々な目的に合わせた最適な分析項目と最新のエビデンスを活用した、業務用遺伝子分析サービスです。一般家庭向けではなく、対面型ソリューションを持つ企業向けのサービスに特化しており、ソリューションに「IDENSIL」を加えることで、顧客満足度の向上が可能となります。2018年4月の発売開始以来、サッカー日本代表選手や、2016年オリンピック出場選手、現役プロ野球選手他、多くのアスリートに使用されています。

ライフ薬品は千葉県八千代市・習志野市を中心として、「予防」に重点を置いた健康事業を展開しています。社会福祉協議会、地域包括支援センターなどの依頼を受け、食事と運動指導を実施し、個人の健康状態に合わせた生活習慣病予防及び認知症予防指導を行なってきましたが、自覚症状のない習慣病予備軍に対し、日常行動の変化に繋がりにくいケースをどのように指導するかという課題に取り組む必要がありました。

本提携により、そうした生活習慣病予防及び認知症予防指導において、ライフ薬品の管理栄養士が「IDENSIL」の遺伝子分析結果を元に、生活習慣病や認知症リスクを軽減するための食事・運動・睡眠など、日常生活習慣の改善を指導することが可能になります。また、自身のリスクが明確になることで、指導内容を真剣に考え、行動変容に繋げやすくなることが期待できます。
今後は、経済産業省の「平成30年度健康寿命延伸産業創出推進事業」としてライフ薬品が実施する「健康脳プロジェクト」に「IDENSIL」を活用していく予定です。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

業務用に特化した高精度の遺伝子分析サービス「IDENSIL」(イデンシル)、ライフ薬品と提携し、認知症リスクの軽減を目指す

関連記事(外部サイト)