3/2、関西医科大学、認知症と脳卒中の公開講座開催

3/2、関西医科大学、認知症と脳卒中の公開講座開催

3/2、関西医科大学、認知症と脳卒中の公開講座開催

脳神経外科の専門医が予防・診断・治療を解説

関西医科大学脳神経外科学講座(大阪府枚方市)は、3月2日(土)10時から枚方市の附属病院において「関西医科大学脳神経外科学講座 市民公開講座」を開催します。これは今年4月に開催が予定されている第77回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会のサテライトイベントで、一般の方を対象とした無料のセミナーです。

当日は同講座所属の専門医が登壇し、認知症と脳卒中の“予防・診断・治療”について解説。参加は無料で事前申し込み制(定員150名)ですが、当日の飛び込み参加も歓迎とのこと。家族に認知症や脳卒中患者がいる方、自身の認知症・脳卒中を防ぎたい方など、参加してみてはいかがでしょうか。概要は次の通りです。

『日時:3月2日(土)10:00〜12:00
会場:関西医科大学附属病院13階講堂(大阪府枚方市 2-3-1)
プログラム:「認知症について知っておきたいこと ―原因とその対策―」
講師:羽柴哲夫講師
「その頭痛、実は危険なサインかも」
講師:岩田亮一助教授
定員:150名
参加費:無料
申し込み・お問い合わせ、詳細は下記外部リンクよりご覧下さい。』


(画像はイメージです)

3/2、関西医科大学、認知症と脳卒中の公開講座開催

関連記事(外部サイト)