3/6・NHKガッテン!「神経にたまる“ゴミ”の脅威」

3/6・NHKガッテン!「神経にたまる“ゴミ”の脅威」

3/6・NHKガッテン!「神経にたまる“ゴミ”の脅威」

レビー小体型認知症の実態と治療の最前線

立川志の輔さんの司会でお馴染み、毎週水曜日・午後7時30分のNHKガッテン、3月6日(水)は認知症関連の放送です。テーマは「認知症から難病まで!? 神経にたまる“ゴミ”の脅威」。ゲストには大久保佳代子、岡田圭右、大島麻衣の各氏を迎えます。

神経にたまる異常たんぱく質に関わる恐ろしい病気、「レビー小体型認知症」。アルツハイマー型認知症に次いで多く、認知症患者の実に5人に1人ともいわれています。患者の多さと比べると、実情はあまり知られていません。

あまりに不思議な症状に襲われるため、他人に説明しにくいからです。まるで霊現象としか思えないような幻を見てしまい、ほかの病気と間違われやすく、飲む薬によっては寝たきりになるほど深刻な副作用に襲われてしまうこともあることから正しい早期診断と治療が必須です。

さらに、同じ原因物質が関係しているのが「パーキンソン病」。自分の意思に関係なく手足の震えに襲われ、やがては全身の筋肉が硬直し寝たきりに。しかし、新薬の登場や運動療法の研究が進み、症状を大幅に改善することが可能になっています。番組ではそうした治療の最新情報が紹介されます。

「ガッテン!」は、日常の疑問に様々な角度から合点がいく解説をしてくれる人気番組。特に「食」と「健康」は二大柱として力をいれています。番組HP等で放送内容をチェックしていれば、認知症関連の良い情報も得られそうです。

(画像は公式HPより)

3/6 NHK19:30〜ガッテン!「認知症や難病にまで!神経にたまる“ゴミ”の脅威」

関連記事(外部サイト)