京大、アルツハイマー病の神経毒性物質の形成と伝搬機構を解明

京大、アルツハイマー病の神経毒性物質の形成と伝搬機構を解明

京大、アルツハイマー病の神経毒性物質の形成と伝搬機構を解明

アルツハイマー病発症の初期過程に踏み込むことに成功

京都大学医学研究科、星美奈子・非常勤講師(神戸医療産業都市推進機構先端医療研究センター部長)らの研究グループは、アルツハイマー病の神経毒性物質の形成と伝搬機構を解明したと発表しました。

アミロイドβ(Aβ)はアルツハイマー病の原因といわれていますが、どこで産生されているか、どこで毒性を持つ凝集体に変わるのかは不明でした。本研究グループは、成熟神経細胞を用いた実験系を構築し調べた結果、アルツハイマー病の神経細胞死の原因として本研究グループがこれまでの研究で患者の脳から発見した毒性凝集体アミロスフェロイドが、特定の神経細胞で検出され、この毒性凝集体の蓄積に伴って神経細胞内での細胞内輸送が異常になることが示されました。

さらに、細胞のタンパク質の構造異常を見張り、異常タンパク質を壊す役割を持つプロテアソームの活性低下が、毒性凝集体の蓄積を起こすことを示し、これまで不明であったアルツハイマー病発症の初期過程に踏み込むことに成功しました。この研究成果により、将来的に新しいメカニズムによるアルツハイマー治療薬の開発が可能になると期待されます。

詳しい内容は下記外部リンクよりご覧下さい。

(画像はイメージです)

アルツハイマー病の神経毒性物質の形成と伝搬機構を解明 −発症に繋がる新たなメカニズムを提案−

関連記事(外部サイト)