エーザイ、国際学会でアルツハイマー病薬などの最新データを発表

エーザイ、国際学会でアルツハイマー病薬などの最新データを発表

エーザイ、国際学会でアルツハイマー病薬などの最新データを発表

第14回 国際アルツハイマー・パーキンソン病学会で

エーザイ株式会社(東京都文京区)は、2019年3月26日〜31日までポルトガル・リスボンで開催中の「第14回 国際アルツハイマー・パーキンソン病学会(International Conference on Alzheimer’s & Parkinson’s Diseases:AD/PD)」において、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体BAN2401および経口βサイト切断酵素(BACE)阻害剤elenbecestatを含む同社のアルツハイマー病/認知症パイプラインに関する最新データについて、合計7演題を発表します。
※BAN2401、elenbecestatについては、バイオジェン・インク(米国)と共同で開発しています。

同学会では、BAN2401およびelenbecestatに関して5演題を発表します。BAN2401については、アミロイドの脳内蓄積が確認されたアルツハイマー病(AD)による軽度認知障害および軽度アルツハイマー病(総称して早期AD)を対象とした臨床第U相試験(201試験)の非盲検継続投与(OLE)に関する試験デザインを含む発表を予定しています。

また、同社が創製し、開発中のホスホジエステラーゼ(PDE)9阻害剤E2027について、レビー小体型認知症を対象とした臨床第U相試験における投与量選択に関わる心電図検査データの発表も予定しています。

(画像はイメージです)

第14回 国際アルツハイマー・パーキンソン病学会においてエーザイのアルツハイマー病/認知症領域の開発品に関する最新データを発表

関連記事(外部サイト)