5/21 大阪市家族介護支援事業開催

5/21 大阪市家族介護支援事業開催

5/21 大阪市家族介護支援事業開催

3本の講演の他、相談窓口なども設置

5月21日(火)午後2時〜4時、大阪市立総合医療センターさくらホールにおいて、大阪市家族介護支援事業「認知症にはならへん! なるかな? なったらどうしよう!?」が開催されます。3本の講演、福祉用具の展示会、看護師による相談窓口、ワークショップなども行われる予定です。申込不要(当日先着250名)、参加費は無料。主催は、都島区北部地域包括支援センター・都島区北部地域総合相談窓口連絡会・大阪市立総合医療センター。

イベント概要

『講演の概要は次の通りです。
講演「誰かに伝えておこう!自分の意思」
講師:吉川由希子(大阪市総合医療センター・医療連携部入退院センター長)

講演「認知症と高齢者に多い“こころ”の病」
講師:河原田洋次郎(大阪市立弘済院附属病院・精神神経科部長)

講演:介護予防体操「うめぼしのうた」
講師:都島区デイケア・デイサービス連絡会』


講演の他に、「介護予防・認知症予防〜いろんな取り組みや相談窓口について知ろう!」ということで、展示・体験・相談コーナーなどが設置されます。申し込みなど詳しい内容は下記外部リンクよりご覧下さい。

『*福祉用具の展示会・・・体験もできます!
*医療・介護に関する資料展示コーナー
*看護師による相談窓口
 ・訪問看護師による療養相談!
 ・生活習慣を見直す!
   呼吸器疾患・糖尿病・脳卒中・誤嚥性肺炎に関する認定看護師相談
*特殊詐欺等の被害にあわないために!
 都島警察署 みやこんP★B隊(特殊詐欺被害防止対策プロジェクトチーム)
*ワークショップ”ひとりでできる!みんなと始める「棒体操」”

<認知症のエトセトラ>
“認知症を知ろう! 〜認知症のいろいろ〜”(都島オレンジチーム)
“認知症サポーターって、知ってますか?”(都島区認知症キャラバン・メイト連絡会)
“活動しています!みやこねっと”(都島区認知症高齢者支援ネットワーク連絡会)』


(画像はプレスリリースより)

大阪市家族介護支援事業 5/21 認知症にはならへん!なるかな?なったらどうしよう!?

関連記事(外部サイト)