伊藤園健康フォーラム〜お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵〜

伊藤園健康フォーラム〜お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵〜

伊藤園健康フォーラム〜お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵〜

平均寿命世界一の日本におけるお茶

株式会社伊藤園(東京都渋谷区)は、「伊藤園健康フォーラム〜お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵〜」を2019年5月23日(木)、渋谷ヒカリエ ヒカリエホールAにて開催しました。

当日は「人生100年時代を豊かに生きるには」をテーマに、平均寿命世界一の日本において、どのようにして長寿を獲得してきたのか、「健康寿命」を延ばすためにできることと、その中でお茶に期待される役割について、専門家の方々を交えて議論が行われました。

抹茶で脳の老化予防や脳機能の維持が期待できる

2本の基調講演が行われ、いずれもお茶による認知機能改善機能に触れました。東京大学の阿部啓子名誉教授は、「お茶にも含まれるポリフェノールの抗酸化機能、ストレス軽減、記憶・認知改善機能に注目」と述べ、理化学研究所の片岡洋祐氏は、「お茶の中にはカテキンとテアニンが含まれており、テアニンを多く含む緑茶末2gを1年間、毎日摂取した結果、脳機能の改善が認められました」と効能を発表しました。

その後、パネルディスカッション、講演などが行われた他、日常生活においてお茶を楽しむ活動「お茶活」をキーワードに、五感を使ってお茶を体験できるコーナーが用意され、「ティーテイスター」という社内資格を持つ伊藤園社員自らが実演や説明を行い、来場者はお茶の様々な面を楽しみました。

フォーラム閉会にあたっては、次の「人生100年時代を豊かに生きる5つの知恵」がまとめられました。

『@抗酸化力を持つポリフェノールを積極的にとる
A健康診断の結果をよく知る
B抹茶で脳の老化予防や脳機能の維持が期待できる
C脱水時のお茶は水分補給として有効。特に食事の際に摂取するのが望ましい
Dお茶を通じたコミュニケーション。人との会話が健康を作る』


(画像はプレスリリースより)

長寿社会を笑顔で生きるために 毎日楽しく健康に生きる“お茶のある生活”を学び、五感を使って体験! 伊藤園健康フォーラム〜お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵〜

関連記事(外部サイト)