高齢者デイサービス向け「ハート将棋」プログラム開始

高齢者デイサービス向け「ハート将棋」プログラム開始

高齢者デイサービス向け「ハート将棋」プログラム開始

高齢女性に楽しんでもらいたい

ピンクとハートの木製将棋セット「ハート将棋」の発売元、株式会社アクエル(東京都港区)は、高齢者デイサービスでの「ハート将棋」を使った、将棋駒遊びのプログラムを開始しました。他者とコミュニケーションをとりながら楽しく遊び、五感を刺激することで、高齢者の脳の活性化や認知症の予防を図るものです。

「ハート将棋」は、駒の動きや名称が書かれたハート型の駒を使う、初心者や子供、高齢者に優しい将棋です。将棋のチカラで、もっと子どもの考える力を伸ばしたいというコンセプトで、日本女子プロ将棋協会(LPSA)の監修により開発されました。本将棋はもちろん、自由な発想で「積み木」や「ドミノ倒し」など簡単な駒遊びが楽しめます。

日本女子プロ将棋協会監修の新しい将棋

これまで主に子供向けに展開されてきましたが、開発時から「ハート将棋によって高齢者をサポートする活動」の構想が持たれており、「ハート将棋」を使った高齢者向けプログラムが、大阪市内のデイサービスにおいて2019年4月より月1回実施されています。

未経験者、特に高齢女性にはいわゆる本将棋への挑戦はハードルが高いため、「駒遊びを中心とした可愛い将棋のイベント」としてデイサービス内で告知し、女性を中心に10〜15名の方が参加され、駒を積み上げる「ハートアップゲーム」、「ドミノ倒し」、「はさみ将棋」など手軽な駒遊びから始めています。詳しくは下記外部リンクよりご覧下さい。

(画像はプレスリリースより)

ハート将棋、公式HP

関連記事(外部サイト)