アルツハイマー病協会国際会議、ロサンゼルスで開催される

アルツハイマー病協会国際会議、ロサンゼルスで開催される

アルツハイマー病協会国際会議、ロサンゼルスで開催される

認知症用血液検査技術の研究報告に成果

7月14日〜18日まで米国ロサンゼルスにおいて、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC:Alzheimer’s Association International Conference)が開催され、アルツハイマー病および他の認知症の血液検査技術の世界的な探求による進歩が報告されました。

現在、アルツハイマー型認知症の症状が現れる前に起こる脳の変化は、陽電子放出断層撮影(PET)スキャンによって、また髄液中のアミロイドおよびタウタンパク質を測定することによってのみ確実に評価することができます。しかし、これらの方法は高価であることから、世界中で研究が続けられています。

血液バイオマーカーによる認知症用検査

AAIC 2019では、血液中のアルツハイマー病の特徴的な脳病変の1つの構成要素であるアミロイドタンパク質の異常バージョンを測定し、それを確立されたアルツハイマー病マーカーと相関させる方法が報告されました。別の2つの報告では、パーキンソン病およびレビー小体型認知症の脳の変化に寄与するアルファシヌクレインと、一般的な脳細胞損傷の最も信頼できる指標となるかもしれないニューロフィラメントLを評価するための新しい血液ベースの方法を記述しています。

報告の一つ、国立研究開発法人国立長寿医療研究センターの中村昭範医学博士らの研究では、アミロイドベータの潜在的な血液バイオマーカーは、アルツハイマー病の発症を識別する可能性を示唆しました。この技術は、アミロイド関連ペプチド(AB1-42、AB1-40、およびAPP669-711)の血漿レベルを測定し、バイオマーカーはペプチド(APP669-711/AB1-42、およびAB1-40/AB1-42)の比率を組み合わせることによって生成されます。

詳しい内容は下記外部リンクよりご覧下さい。

(画像はイメージです)

アルツハイマー病協会国際会議、ロサンゼルスで開催される

関連記事(外部サイト)