東京・品川で講演会「どんとこい!認知症XIII」、11/24開催

東京・品川で講演会「どんとこい!認知症XIII」、11/24開催

東京・品川で講演会「どんとこい!認知症XIII」、11/24開催

認知症の人の人権を尊重し、家族・地域の理解を深める

公益社団法人 日本精神神経科診療所協会(東京都渋谷区)は11月24日(日)、東京のTKP品川において「どんとこい!認知症XIII〜認知症の人の人権を尊重し、家族・地域の理解を深める」を開催します。入場無料、定員は230名(先着順)。主なプログラムは次の通りです。

〈第一部〉特別講演「老病死を生きる〜認知症と向かい共に生きるには」
講師:大井玄(東京大学名誉教授)、高橋幸男(エスポアール出雲クリニック院長)
〈第二部〉:シンポジウム「BPSDのある認知症の人のデイケアの経験から」
コーディネーター:三原伊保子(三原デイケア+クリニックりぼん・りぼん院長)
コメンテーター:大井玄(東京大学名誉教授)
シンポジスト:
@「デイケアから学んだ認知症医療とは」高橋幸男(エスポアール出雲クリニック院長)
A「自分らしい生活を実現するための“今ここで”の関わり」伊丹千尋(河口医院作業療法士)
B「デイケアに支えられて〜父を看取り、母の百寿を祝う喜び〜」志茂真寿美(河口医院 ご家族)
C「認知症の人の思いを知ってください」山根あゆみ(エスポアール出雲クリニック介護福祉士)

申込方法など詳しい内容は下記外部リンクよりご覧下さい。

(画像はイメージです)

11/24 とんとこい! 認知症 講演会

関連記事(外部サイト)