お茶で人生100年時代、「第2回伊藤園健康フォーラム」

お茶で人生100年時代、「第2回伊藤園健康フォーラム」

お茶で人生100年時代、「第2回伊藤園健康フォーラム」

お茶でインフルエンザ予防、認知機能低下を改善

株式会社伊藤園(東京都渋谷区)による、第2回「伊藤園健康フォーラム」が去る11月28日(木)、渋谷ヒカリエ・ホールAで開催されました。「お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵〜お茶と茶カテキンの力〜」をテーマに、お茶に関わる研究成果を発表し、健康的な毎日にお茶が果たす役割について、専門家の方々を交えて議論を行いました。

基調講演に立った静岡県立大学薬学部の山田浩教授は、「お茶でインフルエンザは予防できるか?認知機能低下は改善するか?」をテーマに、緑茶のうがいや飲用による新型を含めたインフルエンザの予防効果が確認されていることを解説、さらに「お茶に認知機能低下の改善が期待できることには大きな意義があります。」と語りました。続いて2本目の基調講演は、山形大学農学部の井上奈穂准教授が「健康診断結果で見直す生活習慣〜お茶でコレステロールや体脂肪は下げられるか」をテーマに茶カテキンの多様な生理作用を解説しました。

一般講演は、日本食文化史・精進料理研究家の麻生怜菜さんによる「お坊さんは健康で長生き!〜お寺でのお茶料理〜」、三重大学大学院の大久保勉教授による「こんなところにも茶カテキン〜茶カテキンの用途と効能〜」と、バラエティに富む講演となりました。

続いて講演者などによるパネルディスカッションが行われました。フォーラムでは、日常生活においてお茶を楽しむ活動「お茶活」をキーワードに、「ティーテイスター」という社内資格を持つ伊藤園社員による、インフルエンザなどが流行する季節におすすめの「賢い茶カテキンの摂り方」を来場者が体験するコーナーも設けられました。

詳しくは下記外部リンクよりご覧下さい。

(画像はプレスリリースより)

例年よりも早く流行しているインフルエンザの予防にお茶が役立つ 第2回 お茶で人生100年時代「伊藤園健康フォーラム」

関連記事(外部サイト)