エーザイとシスメックス、国際会議で認知症関連の最新データ発表

エーザイとシスメックス、国際会議で認知症関連の最新データ発表

エーザイとシスメックス、国際会議で認知症関連の最新データ発表

脳内アミロイド病理を把握できる可能性を示唆

シスメックス株式会社(兵庫県神戸市)とエーザイ株式会社(東京都文京区)は、12月4日〜7日まで米国カリフォルニア州サンディエゴで開催された「第12回アルツハイマー病臨床試験会議」(Clinical Trials on Alzheimer’s Disease: CTAD)において、両社が共同で開発を進めている、血液を用いたアルツハイマー病(以下「AD」)診断法に関する最新データとして、シスメックスのタンパク測定プラットフォームである全自動免疫測定装置HISCLシリーズを用いて測定した血漿中の脳由来アミロイドベータ(以下「Aβ」)から、脳内アミロイド病理を把握できる可能性が示唆されたことを発表しました。

両社は2016年2月に、認知症領域に関する新たな診断薬創出に向けた非独占的包括契約を締結し、互いの技術・ナレッジを活用し、認知症の早期診断や治療法の選択、治療効果の定期的確認が可能な次世代診断薬の創出を目指してきました。

2019年7月に開催されたアルツハイマー病協会国際会議(Alzheimer’s Association International Conference: AAIC)2019において、CSF中と血漿中のAβ1-42/Aβ1-40比の相関性(スピアマン順位相関係数(rs)※6=0.502、p

関連記事(外部サイト)