一般社団法人「健康医療クロスイノベーションラボ」設立

一般社団法人「健康医療クロスイノベーションラボ」設立

一般社団法人「健康医療クロスイノベーションラボ」設立

産学官民の多様な参加により健康寿命延伸に取り組む

株式会社電通(東京都港区)、阪急阪神不動産株式会社(大阪市北区)、株式会社読売新聞大阪本社(大阪市北区)は、生活者の健康寿命延伸に取り組む「一般社団法人健康医療クロスイノベーションラボ」(大阪市北区、理事長:澤 芳樹)を設立しました。

ラボを設立した3社は、2015年12月に国立大学法人大阪大学が設立した「大阪大学大学院医学系研究科・医学部附属病院 産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ」(以下、「阪大 XII」)とそれぞれ包括連携協定を締結し、産学連携を推進する活動を続けてきました。

その活動の中から、メディカルサービスを利用する市民が参加して課題解決を行う仕組みが必要であると判断し、それを担う「クロスイノベラボ」を10月18日に大学外に設立しました。阪大XIIとは11月26日に包括連携協定を締結しています。

心不全、認知症、生活習慣病等の分野でプロジェクト

「クロスイノベラボ」は、3社が事業活動から得た知見を生かし、阪大XIIをはじめとする大学、企業、市民、地域のさまざまなステークホルダーが参加する「メディカル・ヘルスケア リビングラボ」を運営・推進し、オープンイノベーションによる研究成果の社会実装を支援、健康寿命の延伸と健康医療産業の振興に取り組みます。

今後は、心不全、認知症、生活習慣病等のテーマで参画企業・団体を募り、プロジェクトを組成し、関係団体と連携を図りながら健康寿命延伸に寄与する実証事業を行う予定です。最初の取り組みとして、「大阪心不全地域連携の会」が進めている「ハートノート」活動との連携を実証事業の一つとして計画しています。

現在、医師有志のボランティアベースで行われているこの活動に企業参画を誘致することにより、ハートノート活動対象エリアの拡大と、活動の持続可能性の強化を目指すとともに、心不全の予防や心不全患者の方々の重症化予防に取り組みます。

法人概要

【法人名】一般社団法人健康医療クロスイノベーションラボ
英文:Medical Healthcare X-Innovation LAB, Association Inc.
【所在地】大阪市北区大深町 3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7F グローバルベンチャーハビタット大阪
【設立時社員】株式会社電通、阪急阪神不動産株式会社、株式会社読売新聞大阪本社
【目的及び事業内容】(目的)
産学官民の多様なステークホルダーが参加する「メディカル・ヘルスケア
リビングラボ」の運営を通じて健康寿命延伸に取り組む。
(事業内容)
(1)シンポジウム・セミナー等の開催、運営又は運営支援に関する事業
(2)人材育成に関する事業
(3)コンサルティング及び事業連携に関する事業
(4)調査研究に関する事業
(5)その他この法人の目的を達成するために必要な事業
【理事長】澤 芳樹

(画像はイメージです)

一般社団法人健康医療クロスイノベーションラボ 設立〜産学官民の多様なステークホルダーの参加により健康寿命延伸に取り組む〜

関連記事(外部サイト)