ISIDとトータルブレインケア、「CogEvo」で提携

ISIDとトータルブレインケア、「CogEvo」で提携

ISIDとトータルブレインケア、「CogEvo」で提携

認知機能トレーニング&チェックツール「CogEvo」

株式会社電通国際情報サービス(東京都港区、ISID)と株式会社トータルブレインケア(兵庫県神戸市)はこのほど、トータルブレインケアが開発・提供する認知機能トレーニング&チェックツール「CogEvo(コグエボ)」の販売パートナーシップ契約を締結しました。本契約に基づきISIDは、CogEvoの法人向け販売を開始し、金融機関や一般事業者による高齢者向けサービスの開発・拡充を支援します。

CogEvoは、12種類のゲームを通じ、楽しみながら手軽に認知機能別トレーニングと認知機能チェックができるクラウドサービスです。正答率だけではなく反応時間も測定することで、認知機能の軽微な変化に気づくことができます。また、「自分自身で感じられる達成感」「ほめてくれる仕組み」といった学習科学の要素も取り入れられています。

医療機関や介護施設、薬局など約600件の導入実績があり、スポーツ選手の脳振とう復帰プログラムや企業の健康経営サポート等、医療関係以外の分野においても導入が進んでいます。また、CogEvoパーソナルでは、測定結果を家族と共有できる仕組みを備えており、離れて暮らす高齢者の見守りサービスとしても利用できます。

両社は、今回の提携について次のようにコメントしています。
「本提携を通じ、高齢者向け市場における新事業開発に取り組む金融機関や一般事業者向けにCogEvo導入を推進し、高齢化社会の課題解決に貢献してまいります。」

(画像はプレスリリースより)

ISIDとトータルブレインケア、認知機能トレーニング&チェックツール「CogEvo」で提携

関連記事(外部サイト)