「認知症とともにあるまち」 石川県発オンラインフォーラム開催

「認知症とともにあるまち」 石川県発オンラインフォーラム開催

「認知症とともにあるまち」 石川県発オンラインフォーラム開催

コロナ禍に必要となる支え合い

社会福祉法人NHK厚生文化事業団(東京都渋谷区)は11月7日、「超高齢社会を生きる コロナ禍で考える 認知症とともにあるまち」 石川県発オンラインフォーラムを開催します。認知症患者の方々が、自分らしい人生をどう全うするのかを考えていきます。先着400人の申込制、参加費は無料です。

今回のテーマは、「認知症があっても住み慣れた地域で暮らし続けるにはどうすればいいか」です。コロナ禍に必要となる支え合いについて、県内の取り組みを紹介しながら語り合います。インターネット環境下にあるパソコン、スマートフォン、タブレットで全国各地から参加することができます。フォーラムの概要は次の通りです。

フォーラム概要

<パネルディスカッション>
第1部
・コロナ禍を生きる 〜本人・家族の思い〜
・暮らしを支える医療とケア

第2部
・オンラインで紡ぐ人の絆
・認知症から拓く多様な社会

日時
2020年11月7日(土曜日)
開演:午後1時 終演:午後3時45分(予定)※途中休憩あり

開催形態
インターネットでのライブ配信
(※会場での観覧はできません)

出演者

【パネリスト】
野口晃(かがやき在宅診療所 院長)、加納央(NPO法人ニット 理事長・認知症対応型通所介護 デイサービスゆいま〜る戸水 管理者)、角地孝洋(小松市長寿介護課 主幹)
【リモート出演】
端久美(社会福祉法人特別養護老人ホーム福寿園 常務理事(兼)施設長、一般社団法人石川県介護福祉士会 会長)、道岸奈緒美(若年性認知症の人と家族と寄り添いつむぐ会 副代表、国家公務員共済組合連合会北陸病院 患者支援センター副センター長)
【コーディネーター】
町永俊雄(福祉ジャーナリスト)

フォーラムの詳細、申し込みについては、下記外部リンクよりご覧下さい。

(画像はプレスリリースより)

「超高齢社会を生きる コロナ禍で考える 認知症とともにあるまち」 石川県発オンラインフォーラム (11/7)を開催します
申し込みフォーム

関連記事(外部サイト)