「アミロイドMS CL」が医療機器承認を取得

「アミロイドMS CL」が医療機器承認を取得

「アミロイドMS CL」が医療機器承認を取得

少量の採血で被験者の負担が小さい検査を実現

株式会社島津製作所(京都市)は12月2日、「血中アミロイドペプチド測定システム Amyloid MS CL」(以下、「アミロイドMS CL」)について管理医療機器(クラスU、診断の参考情報となり得る生理学的パラメータを測定する診断機器)としての承認を取得しました。

「アミロイドMS CL」は、血中のアミロイドペプチド(アルツハイマー病の特徴であるアミロイド斑の主要成分)を測定し、アミロイドβ(同疾患の原因と見られるタンパク質)に関連するバイオマーカー値を提示する製品(発売時期は未定)です。

同社製のマトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計「AXIMA Performance CL」やデータ解析用ソフトウェアなどで構成されています。従来からある陽電子放出断層撮影(PET)イメージングや脳脊髄液(CSF)検査と異なり、被験者の負担が小さい検査が可能となります。

詳しくは下記外部リンクよりご覧下さい。

(画像はイメージです)

「アミロイドMS CL」が医療機器承認を取得 少量の採血で被験者の負担が小さい検査を実現
「アミロイドMS」技術紹介ページ

関連記事(外部サイト)