「脳画像解析プログラムBraineer」が薬事認可を取得

「脳画像解析プログラムBraineer」が薬事認可を取得

「脳画像解析プログラムBraineer」が薬事認可を取得

認知症診断を支援するソフトウェア

ブレインヘルスケア事業を展開する株式会社Splink(東京都千代田区)が開発した、認知症診断支援ソフトウェア「脳画像解析プログラムBraineer(ブレイニア)」が薬事認可を取得しました。

「脳画像解析プログラムBraineer(ブレイニア)」は、診断に役立つ情報を提供し、診断の支援をおこなう医療機器プログラムです。脳形態に着目し、頭部MRIデータより「脳の萎縮を定量・数値化」することで、脳の客観バイオマーカーを定量化。目視では気づくことが難しい脳の状態や、認知症に関連する萎縮(「脳全体の萎縮パターンの表示」)を簡便に評価できるようになり、医師の知識・経験によるブレが生じ認知症が見逃されることを防ぎます。

先日、エーザイと米バイオジェンによる、アルツハイマー病治療薬が、米国食品医薬品局(FDA)から迅速承認されました。根治薬がないと言われてきた認知症が「治らない病気」から「治る病気」として、認知症領域の革新的なパラダイムシフトが起きるといわれています。これからは、ますます認知症の早期発見や正確な診断の重要性も同時に増していくことが予想されます。

(文頭画像はイメージ、文中画像はプレスリリースより)

Splink社、公式ホームページ

関連記事(外部サイト)