エーザイ、米アルツハイマー病協会国際会議で最新データを発表

エーザイ、米アルツハイマー病協会国際会議で最新データを発表

エーザイ、米アルツハイマー病協会国際会議で最新データを発表

早期アルツハイマー病の治療薬抗体について発表

エーザイ株式会社(東京都文京区)は、2021年7月26日から30日に米国コロラド州デンバーで開催されるアルツハイマー病協会国際会議(AAIC)2021において、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体lecanemabの最新データを含む合計11演題を発表します。Lecanemabは、米国食品医薬品局(FDA)よりブレイクスルーセラピーの指定を受けています。

早期アルツハイマー病(AD)を対象とする無作為化、二重盲検、POC(創薬概念の検証)臨床第Ub相試験(201試験)の非盲検継続投与における18カ月投与後の臨床効果の予備解析および、プレクリニカル(無症状期)ADを対象とする臨床第V相AHEAD 3-45試験のスクリーニングおよびベースライン特性の予備的報告の口頭発表が予定されています。

また、優性遺伝アルツハイマーネットワーク試験ユニットが実施する臨床試験における抗タウ薬として最初の評価対象薬に選定された抗MTBRタウ抗体E2814について、臨床試験のデザインに関する口頭発表、および当社創製新規経口シナプス再生剤として臨床第T相試験を行っているE2511について、動物モデルにおける研究結果のポスター発表が予定されています。

エーザイは、米国バイオジェンと共同開発した「アデュカヌマブ」が6月、AD治療薬として史上初めて米国FDAの迅速承認を受け、その後は米国の臨床現場の医療従事者に対する情報提供活動や当事者の薬剤アクセス環境の整備に取り組んでいます。認知症分野における先端企業として、その動向に注目が集まっています。

(画像はイメージです)

アルツハイマー病協会国際会議2021(AAIC2021)においてエーザイのアルツハイマー病/認知症領域の開発品に関する最新データを発表

関連記事(外部サイト)