書籍『認知症が進まない話し方があった』発売

書籍『認知症が進まない話し方があった』発売

書籍『認知症が進まない話し方があった』発売

認知症をケアする医療機関や介護現場のスタッフに学ぶ

青春出版社(東京都新宿区)より『認知症が進まない話し方があった』(吉田勝明 著)が8月27日に発売されました(税込1,540円)。家族でもできる「話し方」のノウハウ・テクニックをまとめた1冊。どんな言葉を選ぶとよいのか、さらに具体的なシーン別に50例にも及ぶ話しかけ方のヒントも紹介します。

認知症になった家族と過ごしていると、イライラしたり悲しくなったりして、つい相手に否定的な言葉をかけてしまっていないでしょうか。そういった話し方や負の言葉は、認知症をさらに悪化させ、介護をより難しくさせてしまいます。反対に「話し方」のポイントを押さえて、認知症の方と接することができれば、認知症の進行度合いをゆるやかにすることもできます。認知症をケアする医療機関や介護現場のスタッフの多くは、こういった「話し方」のポイントを押さえて、認知症の方と接しています。

本書の内容

・認知症にまつわる”誤解”が介護者を追い詰める
・「よかれと思った」話し方が認知症を悪化させる!?
・やってはいけない!話しかけられたときの受けごたえ
・日々の介護をラクにする実践ことば集
・介護中にどうしても、イライラしてしまったら

著者プロフィール

吉田勝明(よしだ・かつあき)1956年福岡県生まれ。日本老年医学会専門医、精神科専門医。1982年金沢医科 大学医学部卒業。1988年東京医科大学大学院卒業。医学博士。横浜相原病院にて、院長として25年以上勤務後、横浜鶴見リハビリテーション病院院長。現在、産業医、学校医、神奈川県教育委員としても活動。精神保健指定医、日本医師会認定産業医、全日本音楽療法連盟認定音楽療法士。著書に『認知症は接し方で100%変わる!』などがある。

(画像はプレスリリースより)

認知症の悪化を防ぐカギは「話し方」にある!『認知症が進まない話し方があった』発売

関連記事(外部サイト)