ブレインヘルスケアのSplink、シーメンスヘルスケアと事業提携

ブレインヘルスケアのSplink、シーメンスヘルスケアと事業提携

ブレインヘルスケアのSplink、シーメンスヘルスケアと事業提携

認知症領域の課題解決を目指す

ブレインヘルスケア事業の株式会社Splink(東京都千代田区)とシーメンスヘルスケア株式会社(東京都品川区)が事業提携を締結しました。今回の提携により、シーメンスヘルスケアの持つ医療プラットフォーム「teamplay digital health platform(チームプレイ・デジタル・ヘルス・プラットフォーム)」上で、Splinkの認知症予防を促す脳ドック用AIプログラム「Brain Life Imaging?」が提供されます。

世界的な高齢化の進行に伴い、認知症患者数は国内推定675万人と言われる一方、認知症専門医の数は現在約2,000人と少なく、医師のリソース不足解消・医療負荷軽減は今後の大きな取組み課題と言えます。

認知症は、加齢や様々なストレスにより脳が影響(ダメージ)を受けることで、認知機能が低下することが知られています。このような脳の健康状態の変化に先んじて、その10年以上前から脳は萎縮が始まると言われています。

認知症予防AIに安全で最適な動作環境を提供

Splink社の「Brain Life Imaging?」は、頭部MRI画像をAIで解析し、脳の中でも記憶や学習にかかわりの深い「海馬」領域の体積を測定・可視化、受診者様目線のわかりやすいレポートを届けることで気づきを促す、脳ドック用プログラムです。

また、解析データの保存・蓄積により、経年変化を可視化することで、より深い気づきを個々人に提供します。本サービス提供を通じ、Splinkは若年世代からの認知症予防に向けた意識啓蒙を行い、将来的な医療負荷の軽減を目指します。

シーメンスヘルスケアの提供する「teamplay digital health platform」は、医療のデジタルトランスフォーメーション(DX)の発展を視野に入れ、シーメンスヘルスケアが開発した多機能デジタルヘルスプラットフォームです。

脳画像というセンシティブな情報を取り扱う中で、Splinkのプログラムを多くの医療機関が安心して利用するためには、よりセキュアな環境でプログラムを提供することが求められてきます。今回のシーメンスヘルスケアの医療プラットフォームへの本プログラムの連携により、セキュアな環境を満たした形で受診者へサービスを提供することが可能となります。

(画像はプレスリリースより)

ブレインヘルスケアのSplink、認知症領域の課題解決を目指し、シーメンスヘルスケアと事業提携を締結

関連記事(外部サイト)