すしざんまい社長、マグロ初競り1・9億円超で落札

すしざんまい社長、マグロ初競り1・9億円超で落札

初競り マグロ1.9億円で落札

すしざんまい社長、マグロ初競り1・9億円超で落札

競り落としたマグロとざんまいポーズをとる木村社長

東京中央卸売市場の豊洲市場(東京・江東区)で5日、元号が令和となって最初の初競りが行われた。

注目のクロマグロは、青森・大間漁港から届いた重さ276キロのクロマグロ。1キロ当たり70万円の値で落とされ、1体での総価格では1億9320万円だった。

競り落としたのは、マグロ大王の異名を持つ木村清社長(67)の率いる寿しチェーン「すしざんまい」(全国57店舗)を展開するつきじ喜代村。豊洲市場での最初の初競りとなった昨年も、クロマグロ1体での史上最高額となる3億3360万円(278キロ、1キロ当たり120万円)で競り落としていた。

ちなみに市場における「一番マグロ」とは、1キロ当たりの落札最高値のマグロを指し、マグロ1体での総価格を示すものではない。

木村社長は「競る相手がいたから負けられない。みなさんにいいマグロを食べていただきたいから頑張った」と話し「でも、やっぱり(落札価格は)高いね」と苦笑いを浮かべて本音を漏らしていた。