林外相が米国側に米兵の外出制限を要請 コロナの在日米軍施設クラスターで

林外相が米国側に米兵の外出制限を要請 コロナの在日米軍施設クラスターで

林芳正氏(2018年2月撮影)

林芳正外相は6日、米国のブリンケン国務長官と電話会談を行い、最近、在日米軍施設で発生が続く新型コロナウイルスのクラスター問題に関して、地元の不安解消のため、米兵らの外出制限の導入を含めた感染防止策の強化と徹底をするよう、強く要請した。

外務省が同日、発表した。

林外相の要請に対し、ブリンケン長官は「日本側の申し入れについては直ちに国防省に伝え、日本政府としっかり連携し、感染のさらなる拡大を防ぐため、できる限りのことをしたい」と応じたという。

また「米国にとっては在日米軍だけでなく地域住民の方々の健康と安全が非常に重要だ」との認識も伝えられた。

会談は同日午前8時10分から35分間行われた。