小池都知事「オミクロン特性に応じた対応方針見直し国に要望」感染急増受け

小池都知事「オミクロン特性に応じた対応方針見直し国に要望」感染急増受け

定例会見を開く小池都知事(撮影・沢田直人)

東京都の小池百合子知事は7日、定例会見で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者が急増していることを受け「オミクロンの特性に応じた対応方針の見直しを国の方にも要望している」と話した。

小池氏は行動制限について「国の検討状況や毎日の感染状況の推移、医療提供などの状況をふまえた上で専門家の意見を聞きながら適切に対応していく」と述べた。その上で、都が1グループ8人までとしている飲食店の人数制限について「必要な検討をしていく」と続けた。